40代になって急にきた肌の悩み

20代30代とお肌のケアはとてもズボラで日焼け止めもほとんど塗ったことがありませんでした。

ラッキーなことにその頃は肌の悩みはほとんどなく、ノーファンデでも「肌キレイ」とよく言われていて、自然体が一番と思っていました。

40代になり、少しずつほうれい線が気になるようになってきて、ある程度は年齢を受け入れるしかないと大して対策をしていなかったのですが、徐々に今度は目元のたるみが気になるようになってからは一気に見た目が老け込んだように感じました。

私は肌よりもポイントメイク(特に目元を強調するメイク)を重視していたため、遠目から見るとそこそこ若く見えると自負していました。

でもはやりある程度の年齢になると、目元を強調するメイクはとても浮いてしまい、逆に老けて見えたり無理して頑張っている印象を与えてしまうことがわかりました。

そして全体の印象のキモとなるのは肌の質感なのだということをとても実感しました。

最近のメイクの傾向としても濃いラインをがっつり引くようなメイクよりもあまり目元を強調しないナチュラルメイクの傾向だと思います。

そうなるともう肌の綺麗さが見た目の印象の分かれ道です。

鏡や写真よりも、ふと外で無意識に目に入ったショーウインドウの反射や電車の窓の反射などがリアリティがあると思います。

作った顔じゃない自然な自分を客観的に見ることは現実を知るために最も効果的です。

今は外からの肌ケアだけでなく、表情筋を意識して少しでもたるみに負けない肌になるようにがんばっています。あとは手肌も重要なポイントになるのでシロジャムでしっかりケアしています。

若い頃にさぼらずにもっと前から意識していたらもっと違ったのかなぁなんて後悔もしていますが、「今日がこれからの人生で一番若い日」という誰かの名言を励みにがんばります。